タミフル消費大国日本

全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

なぜ日本はこんなにタミフルを消費する?

インフルエンザを治療することが出来る薬として、タミフルは日本において最も有名な薬となっています。そしてインフルエンザにかかってしまった場合は、とにかくタミフルを服用すべきとしている医者も患者も非常に多いのです。タミフルを服用することで異常行動等を起こしてしまう危険性がある等の問題についても過去に日本において報道されたこともありますが、それでも日本人はタミフルを服用することが好きです。それは一体どうしてなのでしょうか。
まず日本人はインフルエンザにかかってしまった場合、とにかく一分一秒でも早く症状を治そうと努力します。そしてそれは特に働いている会社員に多く見られる傾向です。なぜなら会社員はインフルエンザにかかった場合は他の人に移してはいけないので会社を休みますが、あまりにも長い休みが続くと、お給料や昇給額にも影響してしまうからです。その為、一日でも早くインフルエンザを治療しようと、インフルエンザ治療に効果があるとされる薬を服用したがるようになります。そしてタミフルはインフルエンザになってしまった時に服用する薬として最も有名なので、自然と服用する日本人が多くなるというわけなのです。つまり、薬を飲まずにゆっくりと休んで治療するという時間的な余裕のない人が多いのが日本人なのです。よって、さっさと治してしまおうと、タミフルを服用する人が多くなるということなのです。
インフルエンザを治す方法には色々あり、どれが絶対の正解というものでもありません。あくまでも薬には頼らずに安静にして治すのも良いですし、タミフルを飲んでさっさと治してしまうのも良いのです。大切なのは、一日も早く元気になることなのです。
↓インフルエンザ治療薬を通販で常備しよう
予防が大事なインフルエンザ
↓初めて作られたインフルエンザ治療薬です
リレンザ
↓医薬品の個人輸入は財布に優しいです
医薬品を通販で安全に購入