全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

タミフルの岡山県での料金について

岡山県でのタミフルの値段は全国的な価格と同等です。以前、タミフルが品薄になった際、料金を釣り上げて販売した薬局もあったようですが、現在では国が不足しないように備蓄体制をしっかり企業に要請していることもあり、全国的に不足するということはほぼ無い状況です。ただし、タミフルを通販で購入している場合には岡山県であっても全国価格よりも高い料金で買ってしまう場合もあるようです。通販の場合、価格は他国の需要と連動することが多く、日本でインフルエンザウイルスが流行していないくても他国で流行すれば料金が跳ね上がることもよくあります。通販で購入する場合にはできる限り安いタイミングで購入すると良いです。岡山県ではインフルエンザが流行するのは年末年始から春先までが多いようですが、国内では同時期にインフルエンザが流行することが多いので発症したかなと思ったら早めに医者に診てもらうことが大事です。医療機関で受診する場合にはタミフルが足りないということはほぼ起きない体制が取られていますが、流行時期には予防用で処方してくれる事は少なくなり、検査をしてからでないと処方してくれないケースも増えています。検査にはインフルエンザが発症していないと分からないことが多く、また、型の判断も付かないのでリレンザが有効なのか、タミフルなのか判断が付かずに処方されないケースもあります。普段から予防のためにタミフルを持つことも有効ですので通販などを診ておくと良いです。また、インフルエンザの予防には手洗い、ウガイがとても有効ですので外出時には必ず行なう事が大事です。また、室内の湿度を上げておけばウイルスが繁殖しづらく、また、動かなくなりますので家族にうつさずに済むので加湿器も有効です