全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

タミフルの成分

タミフルの主成分はオセルタミビルリン酸塩です。インフルエンザウイルスに感染した場合に服用することにより、ウイルスが増殖するのを抑える効果が期待することが出来ます。また、感染予防として使用される場合もあります。
インフルエンザの治療として用いる場合には3~5日程度、予防として用いる場合には7~10日程度連続して服用する必要があります。予防効果を得ることが出来るのは、タミフルを服用している期間のみですので、注意が必要です。
タミフルは、明確には解明されてはいませんが子どもが服用することにより異常行動があらわれる可能性が高いとされており、原則として10歳未満の未成年では使用することは出来ません。服用する際には、必ず医師の指示にしたがって服用する必要があります。飲み忘れたという場合には、気が付いた時点で出来るだけ早く服用するようにしますが、気が付いた時間が次回服用時間と近いという場合には1回分は服用しないようにします。2回分を1度に服用することは避けるようにします。
症状が改善されたという場合でも、自己判断で服用を中止するのは避けるようにしましょう。
小児・未成年者が服用するという場合には、異常行動があらわれる可能性があるということを念頭に置き、服用後最低でも48時間は一人きりにならないような環境を整えるようにしましょう。
副作用としては、腹痛や下痢、嘔吐、肝障害、腎不全などが見られることがあります。これらの症状はインフルエンザの症状と類似しているものもあり、自己判断するのは危険なことです。気になる症状がある場合には、早めに医療機関を訪れるようにしましょう。
原則としては、処方された分は残さず服用しますが、万が一残った場合には医療機関に相談するようにしましょう。