全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

タミフルはインフルエンザの型に合わせると感染対策

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬ですが、勘違いをされやすい薬でもあります。タミフルはすべてのインフルエンザウイルスに効くわけではありません。インフルエンザウイルスには型があり、インフルエンザウイルスの型が違えばタミフルが効かない場合も多くあります。日本で感染が多いインフルエンザウイルスには香港型なども数種類ありますが、タミフルはこの内の数種類に効果があるだけです。他の型のためにタミフルを飲んでも効果が薄いです。また、同様の薬にリレンザがあります。リレンザも同様にインフルエンザウイルスの一部の方にのみ効き目があるので注意が必要です。一部のインフルエンザウイルスに効き目がある両薬ですが感染対策として重要な事に変わりはありません。タミフルもリレンザも日本人が感染しやすいインフルエンザウイルスの多くに効き目があるからです。そんため、インフルエンザウイルスの予防注射の他に感染者が家族に出てしまったり、職場でインフルエンザに特に注意しなくてはならない場合には感染対策として両薬を処方されることも多くなっています。両薬はインフルエンザウイルスの増殖を防いでくれますので感染対策としては手軽に利用することができます。ただし、未成年の場合は特に副作用が心配されますので利用にあたっては医師の処方が重要です。タミフルは通販でも購入可能なのですが、用法などが英語表記である場合も多く、処方されている量を元にホームページなどで適切な量をしっかりと把握して利用することが大事です。また、リレンザについては幼い子どもには利用できない場合もありますので注意が必要です。副作用はすぐに発症しないこともあるのである程度の時間は観察が必要です