全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

小児や高齢者の死亡率低下にタミフルと放射線治療

タミフルを服用することによって得られる効果というのは完治を早めるというものです。特効薬として知られるようになっているものの、飲んですぐに回復するというわけではありません。通常は3日から5日程度は高熱に苦しむことになりますが、その期間を一日程度短くすることができるというのがタミフルの効果なのです。これをたかが一日と考えてしまうか、一日も短くできると感じられるかは人によって大きく異なるでしょう。しかし、この一日という差はインフルエンザやその合併症による死亡率を下げるの役立つことは確かなものです。小児や高齢者の場合にはインフルエンザにかかることによって命を落としてしまうことがそれほど珍しいことではありません。肺炎や脳症になってしまうことも多く、それが原因で亡くなってしまうことも多いため、インフルエンザの影響による死亡率は無視できないほどに高くなっています。こういった人たちにとって一日の差というのは大きく、高熱で体力を奪われていく日が一日短いだけで重篤化するリスクが激減し、死亡率の低下につながるのです。タミフルによって治療が行えるというのはとても大きなことですが、小児や高齢者にとってはかからないように予防接種をするということも大切でしょう。しかし、高齢者でがんの放射線治療を行っている場合には予防接種を受けられないことがあります。放射線治療によって免疫系が傷害されている状況では予防接種の効果が得られない可能性が高いからです。放射線治療の完了を待ってから予防接種を受けることになりますが、時期を外してしまうこともあるでしょう。そういった際にはタミフルを使って予防するということも重要になってきます。