全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

豚や鳥インフルエンザ症状はタミフルでは効果が無い

インフルエンザは冬に多い病気ですが、他の動物、特に豚や鳥インフルエンザ症状とは根本的に違うので注意が必要です。人間に感染するインフルエンザウイルスは基本的に豚や鳥インフルエンザ症状とは異なります。ただし、突然変異で人間に感染する豚や鳥インフルエンザ症状があることも懸念されていますが、日本ではまだ感染例がありません。インフルエンザにはタミフルが有効ですが、タミフルは一部のインフルエンザウイルスの増殖を防ぐだけです。万能薬ではないので注意が必要です。特に豚などの人間外のインフルエンザウイルスに効くことはほぼ無いと言われています。タミフルの他にリレンザがありますが、これらのインフルエンザウイルスへの対抗薬は限定的なものです。ただし、冬から春にかけて人間がかかりやすいインフルエンザウイルスには多くの場合効き目が確認されているので予防薬としても効果が期待されています。インフルエンザウイルスは飛沫感染がほとんどなので手洗いやウガイをすれば多くの場合防げるのですが、湿度が低い場合には飛沫が飛びやすいので注意が必要です。もし、家族や職場でインフルエンザウイルスに感染した場合には湿度をあげ、ウガイや手洗いを徹底することで対応可能です。また、熱が下がってもインフルエンザウイルスは体外に出ようとしますし感染力はとても高いので数日は様子を見て医師の判断が出るまでは会社などを休むことが大事です。外出する際にはうつさないように厚めのマスクを利用することも重要です。豚や鳥インフルエンザが近くで発症した場合には寄らないことがもっとも重要であり、また、窓などを閉めておくことも大事になりますが、人間への感染は防がれることが多いので必要以上に恐れることはないと言われています