全世界の75%のタミフルを消費している日本。2位のアメリカが約20%なので、その割合の違いが分かると思います。日本はなぜこんなにもタミフルが流通しているのでしょうか?そんな疑問を当サイトで解決していきたいと思います。

タミフル消費大国日本

タミフルと清浄機はインフルエンザに対抗できる

インフルエンザウイルスは飛沫感染で感染していきます。そのため、主に咳や鼻水などによって広まっていくと考えられています。インフルエンザウイルスへの対応策としてはうがい、手洗いが重要です。うがい手洗いをすることで口から入るウイルスをかなりの確率で除去できます。体内に入るウイルスの量が減れば減るだけ感染の可能性が減ることになります。ただし、ウイルスはかなり軽いので部屋の湿度が低ければ飛ぶ可能性が高まります。そこで利用したいのが空気清浄機です。空気清浄機はホコリのほかにウイルスも取る機能が追加されていることが多く、部屋中のウイルスを除去してくれます。ただし、空気清浄機は除湿機能が付いている場合が多く、湿度を下げてしまうこともよくあります。利用にあたっては加湿機能が付いている空気清浄機を利用することが大事です。また、フィルタ交換の際も注意して行なわないと空気中にウイルスを放出してしまうので外で交換するなど対策が重要です。また、インフルエンザウイルスの対応にはタミフルも有効です。インフルエンザウイルスの予防には予防接種が行われることが多いですが、予防接種は体内に抗体を作るのが目的ですが、タミフルはウイルスの増殖を防ぐ役割を持っています。そのため、予防接種と合わせて利用しても問題ありません。ただし、タミフルについては副作用があります。そのため、特に未成年に飲ませる場合には飲んだ後数時間は暴れたり、悪夢を見るようなことがないか観察してあげることが大事ですし、異常があった場合にはすぐに医師の診察を受けることが必要です。インフルエンザウイルスへの対策はさまざまなケースが考えられます。自分でできることは積極的に行なうことが大事です